javascript ES6のimportとexportについて簡単にまとめてみた

javascript

さて、javascriptもES6になり、クラスの設計もできるようになったんですが、いろんなクラスを使う時に他の言語でもimport文も使っていましたがjavascriptではどう使うのか忘備録としてメモ。

1つのモジュールをexport・ import する方法

まずは、クラスファイルについてです。*下記クラスファイルは適当に用意。

クラスファイルをexport・importするには

読み込み側

クラスを読み込むのにparent.js側で「export default+クラス名」としています。 1つの JS ファイルから1つのモジュール (オブジェクト)しか 「export default」としてエクスポートすることしか出来ません。エクスポートする際は、「export default 定数名」としましょう。

他の値をexport するには

クラス以外にも関数や数値・文字列もexportすることができます。

複数のモジュールをexport・ import する方法

これまでは、1つのモジュール(クラスファイルやテキストなど)をexportしていましたが、複数の場合はどうするのか?

その方法は「export default」の代わりに 「export { 名前1, 名前2 }」 という書き方で可能です。名前付きexportと言われます。

まとめ

ざっくりとメモとして書きましたが、もっといろんな書き方があります。下記のブログを参考にしました